Validationのワナ

昨今のWEB業界で注目されているのは、言わずもがなのHTML5とCSS3のニュージェネレーションコンビ。これにJQueryを加えると数年後には、まさに新時代の御三家となるのは間違いない。

しかしネット上でネタにされロゴまで発表されたHTML5もCSS3にしても未だに正式な勧告には至っていない。その為まだ不透明な部分が多いので ある。これが実にデザイナー泣かせであったりするわけだが、クリエイターである以上は、常に先を見通して確実に到来する新時代を先取りしておかねばならな い訳だ。

そしてWEBデザイナとして必ずやっておきたいものと言えば、ValidationでW3Cに合格のお墨付きをもらうことである。これに合格することは当然ではないのだが、デザイナの性として必ず100点の判子はもらっておきたいものなのだ。

今までであれば、HTMLやXHTMLのStrictでCSS2.1を100点貰えるのが優等生のお手本であったが、HTML5とCSS3が登場し てからはそういうわけにはいかなくなってしまった。というのも、冒頭でも書いたとおりこのタッグはまだ勧告に至っていない為、W3Cでもとりあえず的な チェックしかしてくれないわけである。

というと語弊があるかもしれないのだが、実際HTML5では100点を取ることは可能なのだが、CSS3で100点 を取ることが難しいのである。その理由は、このコンビの場合、ブラウザによって非対応がまだ非常に多いために、ハックのような形で無理矢理対応させるしか ないのだが、これが非常にネックとなってしまう。

CSS3内に記述を書く際に、新たに追加された機能をどのブラウザで閲覧しても使用できるようにプレフィックスなるもので対応するのだが、 Mozilla系のFirefoxなら-moz-transform: ~ Webkit系のSafariやchromeなら-webkit-transform: ~などと記述しないといけないのである。だがこれがW3Cで定められているわけではないので、正常に動作はしていてもValidationをかけると見事 にエラーのオンパレードを引き起こしてしまうのである。実際この方法を回避出来ないものかと試行錯誤したり色々ググったりしたが、どうにも現状ではやはり 無理なようだ。

CSS3なライブラリxcss.jsを作ってみました

上記のサイトで動的に追加をできるライブラリというのがあったので試してみたが、やはりエラーの回避は無理だった。もはやこればかりは、正 式な勧告があるまでは現状では待つしか無いようだ。主要ブラウザが対応をしてくれるのが一番楽なのだが、どうにも問題児のIE先生は、9になってもまだま だ頑固を貫いて半分ぐらいしか折れてくれなさそうなので、根本的なところで、MSがIEをWebkitエンジンに変えてくれるのが一番好ましい。まぁ夢物 語だが。。。。てか、IE9の正式版は結局いつリリースなんだ?

Unicorn – W3C 統合検証サービス


Tags: , , , , , , , , , ,